ご希望・お悩みに合わせて矯正装置を使い分けます

近年、患者さんのお口の状況だけでなく、ご希望・お悩みに合わせてさまざまな矯正装置が登場しています。当院では、患者さんのご希望・お悩みの声に親身に耳を傾け、患者さんに合った矯正装置をご提案しています。まずはお気軽にご相談ください。

クリアブラケット マルチブラケット装置
ブラケットに半透明のプラスチックを用いた装置です。
メリット
  • 目立ちにくい
  • あらゆる症例で使用可能
デメリット
  • 歯みがきがしづらい
  • 食べ物が挟まりやすい
  • 白いワイヤーと比べると目立つ
クリアブラケット+白いワイヤー
ブラケットに半透明のプラスチックを用いた矯正装置です。メタルブラケットに比べ、目立ちません。白いワイヤーを使用すれば、さらに自然な見た目になります。
メリット
  • 目立ちにくい
  • あらゆる症例で適用可能
デメリット
  • 歯みがきがしづらい
  • 食べ物が挟まりやすい
  • 追加の費用がかかる
セラミックブラケット+白いワイヤー
ブラケットにセラミックを用いた矯正装置です。セラミックは歯の色に近いため、目立ちません。白いワイヤーを使用すれば、さらに自然な見た目になります。
メリット
  • 目立ちにくい
  • あらゆる症例で適用可能
デメリット
  • 歯みがきがしづらい
  • 食べ物が挟まりやすい
  • 追加の費用がかかる
クリアスナップ
歯に装着する透明な「クリアブラケット」とワイヤーとの摩擦を大幅に軽減させた装置です。弱い矯正力をかけていくため歯の動きがよく、治療期間が短縮されます。使用するワイヤーが細いため、デーモンシステムよりも見た目がきれいで痛みも少ないです。
メリット
  • 治療期間が短く済む
  • 痛みが少ない
  • 目立ちにくい
  • 金属アレルギーのリスクが少ない
デメリット
  • 歯みがきがしづらい
  • 食べ物が挟まりやすい
リンガルブラケット
歯の表面ではなく、裏側(舌側=リンガル)に取り付ける装置です。別名「舌側(ぜっそく)矯正装置」。治療技術の発達により、表からの治療と比べ期間や結果の差はほとんどありません。
メリット
  • 正面から装置が見えないため、気付かれにくい
  • 歯の表面のエナメル質を傷付けにくい
デメリット
  • 治療費が比較的高額
  • 歯ブラシがもっと大変
  • 慣れるまで発音しにくいなど違和感があることがある

インプラント矯正
インプラント(人工歯根)を顎の骨に埋入し、それを固定源として矯正装置をつけて歯を移動させる装置です。固定源の高い安定性により、通常の矯正治療に比べ効率よく歯を移動できます。
メリット
  • 固定源が安定するため、歯の移動がスムーズ
  • 治療期間が短く済む
  • 歯を奥へ移動させやすい
  • 抜歯が不要となりやすい
  • ヘッドギアなどの補助的な器具が不要になりやすい
デメリット
  • インプラントを埋入するための外科手術が必要
  • 疾患によって適用できないことがある
  • ブラケット周辺だけでなく、インプラント周りも入念にケアする必要がある
  • 年齢制限がある(顎の成長が完了した高校生以上が対象)

ご自分に合った矯正装置をお探しになりたい方はお気軽にお問い合わせください